ブログ

正確透視図法2 外観パース!

第二回は透視図法2VPが1点の場合です。第一回の透視図法1ではVPが二点取れる場合でしたが必ずしもVPが二点取れるとは限りません。二点透視図でもVPの一点が遠過ぎて製図版に打てない事がよくあります。そんな時の作図方法を解説します。
殆どの建築パースではこの作図で書く事が圧倒的に多いです。何故ならパースで見せたい側が必ず有りますので、メインの側を正面っぽく書く事が多いからです。

「作図の準備」は第一回で説明していますので前回の記事を参考にして下さい。
第一回と第二回の異なるところはSPから建物と平行に引いた水色の線が一本しか無い事くらいかと思います。

「作図」
①第一回同様平面図を任意の角度で製図版に貼ります。今回もまた平面図とPPを離していますので、平面図を延長した黄緑色の線をPPまで伸ばしています。※PPを平面図の中に引いても良いのですが、実際の建築図面は細かく書き込んでいるので、何も無い所にPPを引いた方が混乱する事が少なくて済みます。

②平面図から伸ばした黄緑色の線とPPの交点からオレンジ色の線を引きます。この線が平面図と同じ縮尺の縦線になります。

③HLを水平に引きます。このパースは地面に立った状態のアイレベルパースなので通常HLは1.5mに設定します。

④立面図のGLをHLの下1.5mに合わせてオレンジ色の線に高さを書いていきます。

⑤平面図の出隅入隅の角とSPを結び、PPとの交点から垂直に線を引きます。

⑥オレンジ色の線と立面図の高さの交点とVPを結びます。その線と⑤で引いた線を交差させると右側の側面が出来ます。

⑦次に真ん中のオレンジ色の線と立面図の高さの交点をVPに結びます。その結んだ線上に⑤で引いた線を交差させると中央の側面が出来ます。

⑧右から二本目の出隅の角と右から三本目の入隅の角を繋げると右側正面の面が出来ます。

⑨最後は左側のオレンジ色の線と立面図の高さの交点とVPを結びます。⑤で引いた線と交差させた交点と中央側面の出隅の角を繋げて完成です。

頭で解っていても文章にすると自分で書いていて訳が分からなくなります。伝わったでしょうか?

次回は内装パースによく使う一点透視図法の説明をします。

正確透視図法2 外観パース
正確透視図法2 外観パース

荒川決壊したら 外観パース!

荒川を渡る首都高速6号向島線と首都高速中央環状線です。
この高速道路は比較的新しいですが、それでも築40年位は経過していると思います。首都高速1号羽田線はそろそろ築60年近く経つので橋脚はボロボロの状態です。海沿いなのでかなり深刻だと思います。
荒川放水路は首都を水害から守るため川幅500mの巨大河川を経済力がまだ小さかった日本政府が昭和6年に完成させました。当時の政府はしっかりしていました。

内閣府の発表では都心部が水没すると被害総額33兆円、1400万人が被災する可能性があるとの事です。こんな発表をしているのに政府は緊縮財政で予算を付けようとしないのは意味不明です。藤井聡京大教授の試算によると荒川は5000億円で改修できるそうです。33兆円の被害が5000億円で防止出来ると分かっているのなら早急に工事を始めるべきでしょう!
荒川の所々にスーパー堤防が完成していますが、川は繋がっているので何処かが切れると大洪水になります。最近台風の季節が来る度堤防が決壊するのではと心配になります。政府は単年度主義を止めて長期計画で防災に力を入れてもらいたいと思います。

河川改修、高速道路、橋梁などの国土強靭化を本格的に実行しないと大変な事になります!建設業の数も年々減少していますし、建築士も激減し続けているので今手を打たなければなりません。

荒川決壊したら 外観パース
荒川決壊したら 外観パース

仮設住宅のトレーラーハウス 外観パース!

外観パースはマンションや事務所ビルだけではなく工場や高速道路のサービスエリアなど多岐に渡ります。そんな時にトラックやトレーラーやバスなども必要になります。このトレーラーは以前作成したコンテナデポの外観パースを作成した時にモデリングしたトレーラーです。

1995年1月17日に阪神淡路大震災が起きてから今日で27年目です。災害が起きる度、仮設住宅建設に何週間も掛かるのは大問題です!

大規模災害では地域の建設業も壊滅している事が多いので、仮設住宅建設に時間が掛かる様です。某県ではコンクリートから人へと言って当選した知事の影響で、建設業自体が激減してしまった所もあるそうです。ここに災害が起きたら目も当てられません!

自分が提案する方法は、全国の自治体がトレーラーハウスを一台ずつ保有し、何処かで災害が起きたら即座に集結させます。
何千台もの住宅があっという間に出来るので被災者の負担も少なくて済むでしょう。
中古のコンテナに必要な設備を付ければ予算も少なくて済むと思います。あくまでも仮設住宅なので豪華にする事はありません。
40フィートのコンテナは約12m×2.5mなので6畳間3部屋位です。牽引車は運送業者に委託すれば自治体の負担も少なくて済みます。
自動車税、重量税、自動車取得税と車検が必要になりますが、不動産取得税、固定資産税はかかりません。

これも安全保障のうちです。災害が終息すれば元の自治体に戻すので何度でも使用可能です!

仮設住宅以外にもコンテナの用途は色々あります。コンテナを使った倉庫を最近よく見ます。外観パースでコンテナ倉庫は作成したことはまだありませんが、コンテナ住宅やコンテナオフィスなんかも実際あるそうです。6畳間3個分のコンテナが中古で数十万円なので、もっと人気が出てもおかしくないと思うのですが。何個か組み合わせれば色々と面白い住宅が建てられそうです。ただ夏は暑そうですが、火事の貰い火には強そうです。

仮設住宅のトレーラーハウス 外観パース
仮設住宅のトレーラーハウス 外観パース

正確透視図法1 外観パース!

手書きのパースからCGパースへ移行して既に20数年が経ちました。下図もCGモデリングに成りましたので、透視図法を使って下図を書く事もありません。
10数年間当たり前の様に書いていた透視図法ですが、作成方法の記憶が薄れてきたので思い出しながら透視図法を誰にでも解り易く図で解説する事にしました。

何回かに分けて解説します。第一回は透視図法1VPが二点の場合です。

「作図の準備」
①平面図を好みの角度で製図版に貼ります。②建物の中心付近から垂直に
線を引きます(紫色の線)
③紫色の線上にSPを打ちます。※建物からSPが遠くなればなる程カメラ撮影でいう望遠になります。
④SPから水色の線を建物と平行に引きます。
⑤PPの赤線を水平に引きます。PPは絵の大きさを決める為の線です。SPから上に行けば行く程絵は大きくなりSPに近ずくと絵は小さくなります。PPがSPに近ずくとVPがパースに寄って来ますのでVPを遠くに設定する事も出来ます。※PPと平面図が接する点が平面図と同じ縮尺になります。この図では平面図から黄緑色の線でPPに伸ばしています。
⑥SPから引いた水色の線とPPの交点から垂直に緑色の線を引きます。
⑦任意の位置にHLの線を水平に引きます。⑥で引いた緑色の線とHLの交点がVPで
す。
⑧PPと黄緑色の線の交点からオレンジ色の線を引きます。※この線が平面図と同じ縮尺の高さになります。
⑨⑦で水平に引いたHLが目の高さになりますので、この図の様に地面に立った位置からのパースであれば通常HL1.5mなのでHLの下1.5mに立面図のGLを合わせて高さを書いて行きます。

「作図」
⑩平面図の出隅入隅の角とSPを結びます。それぞれの線とPPの交点から垂直に引いた線がパースの角々になります。
⑪オレンジ色の線と立面図の高さの交点をVP2に結びます。⑩で引いた右側の二本の線と交差させて右側面が出来ました。
⑫右から二本目の交点とVP1を繋ぎ⑩で引いた右から三本目の線と交差させます。その交点とVP2から引いた線を延長させて左から二本目の線に交差させ、その交点とVP1を繋いで完成です。

一見複雑に見えますが基本原理を理解すればどんな立体構造でも書く事が出来ます。

次回は建物の角度が浅くVPが一点しか取れない場合の作図方法を紹介します。

正確透視図法1 外観パース
正確透視図法1 外観パース

貨物船のモデリング 外観パース!

桟橋沿いに建設する某汽船会社の外観パースを作成する事に成り、ネットで現場の事を調べていたところ、いつも桟橋に接岸されている貨物船の船名が判明しました。
桟橋沿いの建物をパースにするなら船があった方が絵に成ると思い、頼まれてもいないのに貨物船も作る事にした訳です。
更にネットで調べると船舶マニアが撮影した真横から撮影した写真を発見!まるでカラーの立面図と言っても良い様な完璧な写真です。アマチュアカメラマンが居てくれて良かったです。
立面図的な写真が見つかったので、今度はGoogleアースで桟橋付近を調べたところ、ラッキーな事に桟橋に接岸された貨物船が写っていました。もし衛星写真を撮影した日に貨物船が出航していたらこの船のモデリングは出来ませんでした。Googleアースは衛星写真なので立体感の無い完全な平面図になります。
汽船会社のホームページにこの貨物船のサイズが記載されていたのでGoogleアースから切り取った船の写真を平面図として使用する事が出来ました。地図からスクリーンショットしたので画質は良くありませんでしたが、鮮明な側面の写真と照らし合わせると特に問題なくモデリング出来ました。奇跡的に側面図と平面図が手に入り作成したのが、この貨物船です。

たかが添景なのに遣り過ぎかも!?下手すると主役の建物より迫力ありそうです。
船好きと言う個人的な理由で勝手に作成したので貨物船はパースの料金には入っていません。
またこの船を添景に使える別のパースがあると良いのですが。

貨物船のモデリング1 外観パース
貨物船のモデリング1 外観パース
貨物船のモデリング2 外観パース
貨物船のモデリング2 外観パース

バイオマス発電所 外観パース!

某大手企業が電力自由化で参入したプロジェクトのバイオマス発電所建設計画の外観パースです。環境アセスメント用にパース数点とアニメーションを作成しました。薪を炊いて発電するのは極めてシンプルな発電方法ですがバイオマスと云うと最先端に聞こえます。
ソーラーパネルの様に環境負荷が極端に高い物とは違い間伐材で発電すると山の環境も良くなり水害も減少するので一石二鳥ですね。しかも持続可能!ソーラー発電はまったくSDGSとは真逆だと思います。

脱炭素が理由で世界中のエネルギーが減っています。欧州では大停電する恐れもあるそうです。石炭石油発電と原発がどんどん停止していますが、欧米では原発を積極的に使用する方向で動いています。従来型の大型原発は危険なので安全な小型モジュール原発を世界中で導入されていきそうです。これは25mプール位の大きさで冷却する必要も無く内陸地でも設置出来る様です。原子力潜水艦も安全運用出来ているので先進国では原発が普通に成る日も近い様です。小型原発が実現するには時間が掛かるので、バイオマス発電を普及させた方が良いと思います。

間伐材といえば、かつてマイ箸が流行った事がありますがもう誰も言わなくなりました。
割り箸も間伐材で作られる訳ですけど、安いという理由だけで輸入に頼っていては日本の山は良くなりません。国土の七割が森林の日本で木材を輸入するとはいう事は流通や資源管理の方法が根本的に間違っているという事なのでしょうか?もしそうなら今こそイノベーションを起こす時です。
税金投入してでも、どんどん国産の間伐材を使うべきだと思います。また営林署の職員も増員しないと山は荒れる一方でしょう。また山の環境が良好だと沿岸の海に魚が増えると聞いた事があります。

しかしこの外観パースとアニメーションの依頼は苦労しました。ボイラーは平面図と断面図しか無く、ダクト一本作るだけで毎回50ページもある図面を調べるという途方もない作業です。永年パースの作成をしていますが、これほど大変で途中投げ出したくなったパースは過去一番だと思います。

バイオマス発電所 外観パース1
バイオマス発電所 外観パース1
バイオマス発電所ゲート 外観パース
バイオマス発電所ゲート 外観パース
バイオマス発電所コンタ モデリング
バイオマス発電所コンタ モデリング
バイオマス発電所ボイラー モデリング作成中
バイオマス発電所ボイラー モデリング作成中

日本原子力研究開発機構、外観パース

ずいぶん前に手描きで描いた日本原子力研究開発機構の外観パース4案です。設計者はどんなデザインにしたら良いのか迷う事がある様です。
ベースになるパースA案と別の紙に描いて切抜いた右側の建物B案C案をそれぞれ張り替えて3点作成しました。

1、キャンソン紙を水貼りパネルに貼る。
2、別の紙に書いた下図をトレースダウン。
3、絵具で描いた絵を建物の形状に合わせて切抜く。
4、紙の裏にスプレー糊を吹いてベースのパースに貼る。
子供の頃遊んだ貼り絵かジグソーパネルと同じ方法で作成しました。

この方法だと背景の空や樹木などの添景を一枚だけ描けば良いので時間短縮と予算の節約になります。
決定したデザイン案のパースに更に書き込んで仕上げれば完成です。この外観パースの場合は結局自動車が描かれたパースの設計で新たに描きました。現在この最終案で建設された建物が建っています。
良いアイデアでしたが、かなり面倒な作業でした。しかしPCが無かった頃は知恵を絞って色々な事を考え出していたものです。必要は発明の母と言いますが現在の様に便利に成り過ぎると必要なモノが何でも有るので逆に頭を使わなくなるのかもしれません。

CGになった今でも同じ様な方法で作成しています。自働車や人物や樹木などの添景は個別に作成しておきますが、複数の建物や構造物があるパースでも個々のオブジェクトを別々に作り最終的に一つのパースに配置して完成させます。

手描きの頃の色々な引き出しが生きています。!

日本原子力研究開発機構1 外観パース
日本原子力研究開発機構1 外観パース
日本原子力研究開発機構2 外観パース
日本原子力研究開発機構2 外観パース
日本原子力研究開発機構3外観パース
日本原子力研究開発機構3外観パース
日本原子力研究開発機構4外観パース
日本原子力研究開発機構4外観パース

クールジャパン計画、外観パース!

経済産業省が計画した日本文化の発信拠点クールジャパン計画の外観パースです。

東京のイタリア文化会館ビルの建築計画が東京の街並みには派手過ぎると賛否がありました。建設された現在では街に馴染んでいる様ですが、このクールジャパンのビルは南国フィリピンに建設する建物なので、この位派手な建物の方が街には似合う気がします。
このビルのデザインを東京に建てたら派手過ぎる様な気がします。建物は環境に合わせたデザインにしないと浮いてしまうので、良いデザインでも街に合うとは限らない様です。既に建っているイタリア文化会館ビルは浮いていないので東京に合っていたのでしょう。
このクールジャパン計画ではハート型の大観覧車が設置されました。この形状をどうやって回転するのか解りませんけど、完成していれば注目度は抜群ではないかと思います。
しかも観覧車の中央付近に張り出した舞台でアイドルが歌と踊りを披露する計画だったそうなので驚きです。

日本の文化振興を海外に展開する場合、箱物は立派な物を造りますが、ソフトが充実していないとよく聞きます。ロサンジェルスにも凄い日本文化振興の建物が建っているそうですが、いつも閑古鳥が鳴いている様です。せっかく建てるのならコンテンツも分厚くしないと勿体ないです。
この建物の設計者はマニラに単身で住み込んで現地の会社と仕事をしていましたが、残念ながらこのデザイン案は変更になった様です。最終的にどんなデザインに成ったのかは分かりません。

パースを見た人がワクワクしながら夢を見るには写真の様な絵よりイラストや絵画的なパースの方が良いと思います。 筆で描いた様なアナログ風の外観パースは額装して飾るにはピッタリです。

クールジャパン計画、外観パース
クールジャパン計画、外観パース

京都祇園、不動産爆買い加速中!

最近、京都が日本人客で賑わっている様です。インバウンド客が居ないので日本人客が戻って来たらしいです。またインバウンド客が再開されたら国民の足が遠のくのかもしれません。

不動産バブルが本格的に崩壊し始めたC国客が日本の不動産を爆買いしています。
来日しなくてもネットで売買できるので、いつの間にか老舗の店や旅館が外資になっているかもしれません。また日本の不動産は他国と比較して極端に安い様です。東京や大阪の都心部は北京や上海の三分の一ぐらいの価格だそうです。他国と比べて所得が低い日本人からしたら信じられない話ですけど。因みに日本の平均年収が422万円に対し米国では年収600万円以下で下層階級と言われる様です。諸悪の根源は財務省です!

老舗の店だけでなく最近はお寺の檀家が急速に減っているので下手すると神社仏閣までが外国人の手に落ちるなんて悪夢の様な事まで想像してしまいます。観光地が外資やチェーン店ばかりでは客来なくなりますね。

古くは幕府が東西に分かれて戦った応仁の乱で京都市内が焦土と化しました。近代でも会津と薩摩が激突した蛤御門の変で京都市内の半分が消失しました。応仁の乱以前の建物は2、3軒しか残っていないそうですが、その都度住民の手で復興してきました。今こそ日本人の手で長屋をリノベーションして現代の長屋を建築してもらいたいところです。

因みに日本人国内旅行者は年間約6億5千万人それに対してコロナ前インバウンドは年間3千万人!インバウンドが経済の起爆剤とはまったく意味不明です!

【参考動画】文化人放送局
https://www.youtube.com/watch?v=C43oz-6Yvvw&list=TLPQMTgxMDIwMjH5IiIsJd0Fxg&index=

京都祇園001
京都祇園001
京都祇園002
京都祇園002
京都祇園003
京都祇園003
京都祇園004
京都祇園004
京都祇園005
京都祇園005

姫路城、夜景パース!

姫路城天守閣は2本の心柱で総重量6千トン以上を支えているそうです。1609年に築城された姫路城は1873年に廃城令が発令されましたが明治政府の特例措置で廃城を免れました。この頃に撮影された外観写真を見ると大天守は大きく傾き白壁もボロボロに崩れ瓦屋根には草が生えていました。白鷺城とは程遠い痛々しい感じでした。
藩が財政難だったのでしょう姫路城は大規模修繕が行われなかった様です。しかし築城から260年以上経っても総重量6千トン以上の巨大建築は原型を留めていました。
現在の建築基準法だと許可されないと聞きましたが、築城400年以上の実績がある城は何故問題なく建ち続けていられたのでしょう?
現在の建築基準法は本当に正しいのでしょうか?法律の事はよく解りませんが何か違和感があります。

姫路城は幸運な城です。明治政府の廃城令は逃れましたが本丸の建物は取り壊され軍用地になりました。それでも多くの貴重な建物が残される事になりました。また第二次大戦の姫路空襲では街が焦土になりましたが姫路城は奇跡的に焼けませんでした。貴重な城郭なので米軍が意図的に目標から外したのではないかと言われていたそうですが、空襲を行った米軍の爆撃手にインタビューしたところ夜間に地上何千メートルの位置では城は確認できないと答えています。やはり奇跡の城の様です。

姫路城は西国に対する重要な軍事拠点でしたので巨大な城郭が築城される事になりました。あまりにも立派な城だったせいなのか、持て余した為か城主が次々と入れ替わり1600年の池田輝政から始まり1868年の酒井忠邦まで9家31人が城主を務めました。

これは姫路城の夜景パースでは無く地図で確認すると右が東だから朝焼けです。
3Dモデリングデータにペンタブレットで描いた朝焼け空と樹木を入れて作りました。樹木の位置は写真を見て配置しましたが、写真通り入れると石垣が見えなくなるので樹木の本数は減らしています。空は外観パースに占める面積が大きいのでイメージ通りの絵にするには建物の色や形に合せて手描きで書くのがベストだと思います。
姫路城の写真集を購入し本に掲載されていた図面を基にモデリングしましたが、全て載ってはいないので、図面が無い建物は寸法が確認できる建物と比較しながら高さや幅などを調整しつつ図面を書いてモデリングしました。現在はパースや模型などが有りデザインを検討出来ますが江戸時代初期にこれだけ大規模で複雑な城郭を絶妙なバランスで設計したのは至難の業だっただろうと3Dモデリングをしてい感じました。

このパースのライトアップと実際のライトアップは違います。

姫路城、夜景パース1
姫路城、夜景パース1

CGを手描き人物で絵画風に仕上げる!

外観パースであれば光源は太陽光一つなので一方向からしか光が当たりません。誰でもご存じの通り太陽は遠いので太陽から降り注ぐ光にはパースペクティブは付きません。全ての影は一方向にしか落ちません。また太陽光は同じ照度で光が満遍なく当たります。
これに対して室内の照明は大抵の場合光源が複数になります。光源は太陽光と違い極端に近いため一つの照明器具から当たった光の影は一方向ではなく光源を中心に全方向に影が落ちます。ここまではCGソフトが自動で計算してくれるので考える必要はありません。問題は室内パースに配置する人物画像です。人物画像は3DCGモデルのレンダリング完了後に入れる訳ですが、人物の切抜き画像を配置すれば済む訳ではありません。
先ほど書いた様に人物にも四方八方から光が当たります。人物もパースに合わせて光を当てなければなりません。人物一人ひとりに合わせた陰影を後から付け加える事になります。これを実写の人物写真で行うのはかなり難しいです。後から手描きで入れた陰影が浮いてしまいます。これに対して手描きの人物画像は同じタッチで陰影を描き加えるので違和感はありません。
以上と同じ理由で室内パースに入れる観葉植物も手描きの画像素材を配置した方が自然に見えます。

パースを三次元図面と考えれば人物なしでも良いのかもしれません。しかしパースは誰かにアピールする絵なので活気が必要だと思います。人物を入れないと硬い感じのする室内パースも手描き人物画像を配置する事で動きのある絵になると思います。

手描き風内装パース
CGを手描き人物で絵画風に仕上げる!1
手描き風内装パース2
CGを手描き人物で絵画風に仕上げる!2
手描き風内装パース3
CGを手描き人物で絵画風に仕上げる!3

トヨタ販売店、内外装パース

トヨタ販売店のこけら落としに使用した内外装パースです。

こけら落としがセルシオの新車発表日だったので急遽車まで作成する羽目に成りました。しかも室内に展示するセルシオはドアを4枚開きたいという要望でしたので、通常の自動車モデリングより大変でした。間違いなく建物のよりセルシオ作成の方が時間が掛かったパースです。新型セルシオは当然図面も資料も無いので作成したセルシオは旧型です。個人的にはこの後デビューしたセルシオよりこの車の方がカッコ良いと思います。
法的には実在する自動車を使用する場合、知的財産権を持っている自動車メーカーの許可を得ないと使えません。ただメーカー系のディーラーの場合はどういう扱いに成るのかは不明です。
当サイトの建築パースの特徴→添景自動車の特徴のページに「内閣官房、知的財産戦略推進事務局」などのリンクを貼っています。

この販売店のパースは全部で10点位作成した記憶があります。外観のデザインは決まっているので一つのデザインですが、室内のデザインは何パターンか作りました。セルシオを配置する展示台だけでも確か3案は作ったと思います。
このパースは20年位前に作成しましたので、もしかするとこの販売店は更にリニューアルしているかもしれません。

日本では車を買う人が年々減っています。最近の若者は車に乗らないどころか免許も取得しない人が増えているとよく耳にします。将来的に広い自動車ディーラーの店舗を使いカフェやレストランを併設した販売店も出てきそうな気がします。自動車に興味が無かった人が車を見ているうちに欲しくなるかもしれません。
私の地元にある神社の境内に有名なパティシエが経営するケーキ屋さんが出店した事で神社の参拝者も増えた様です。相乗効果です!

トヨタ内外装パース1
トヨタ内外装パース1
トヨタ内外装パース2
トヨタ内外装パース2
トヨタ内外装パース3
トヨタ内外装パース3
トヨタ内外装パース4
トヨタ内外装パース4

人物画像、昼と夜の外観パース

建築パースに配置する添景の人物画像です。手描きで作成した人物画像は同じタッチで描くので統一感が有ります。写真の人物画像だと撮影した季節や日時によって影の角度や光の強さが違うため統一感が無くチグハグな感じに成り違和感が出やすいです。
このパースの様に手描きで作成すると昼間の人物を夜景に書き換えるのも違和感なく仕上げる事が出来ます。パースによって街灯や車のヘッドライトや店舗の灯りで人物に当たる光が違います。そのため夜景用の人物画像を事前に作り置きしておく事は出来ません。毎回パースごとに夜景用の人物を描く事になります。

昼間の人物画像は余程の事が無い限り夜景用の人物に変更する事は可能です。夜景にした場合は光が当たっている部分の明るさも同じ照度で統一できるのでチグハグな感じも手描きであれば回避できます。

ペンタブレットで筆の様に描くため昼間の人物写真を夜景用に加工するのは余程の技量がないと難易度が高いと思います。手描きで付け加えた部分が明らかに浮いてしまうからです。
夜景パースや昼間のパースの人物だけでなく写真画像素材が無ければ自分で作るしかありません。
散々写真的なCGパースを作ってきたましたが、手描きCGの方が色々とメリットがあります。この方法がベストだという事になりました。

人物画像、昼と夜1
人物画像、昼と夜1

日本の100年企業は世界一!!

入れ替えの早い渋谷では10年続くと老舗と言われるそですが、老舗は一般的に100年以上だそうです。
創業100年以上の日本企業は33.076社と世界80,066社中40,3%でブッチギリです。2位アメリカの19,497社3位スウェーデンの13,997社
創業200年以上の日本企業は1,340社、世界企業数の65%2位アメリカの239社3位ドイツの201社

天変地異の巣窟である日本でここまで企業が継続するのは常に危機意識があったからなのでしょうか?
最近の日本人は先人と比べて危機感無い人が多過ぎる気がしますが!?因みに日本最古の企業は宮大工の金剛組、西暦578年創業飛鳥時代創業は凄過ぎです。長続きする企業は流行りに便乗せず派手なモノには手を出さない質実剛健の会社の様です。宮大工は正にこれに当たります。
今では多種多様な筆記用具もパソコンもある訳ですが、筆と墨しか無かった飛鳥時代に建築図面をどうやって書いていたのでしょう?建築パースなどは当然無いでしょうけど下手すると図面を書く紙すらあまり無かったと思われます。手描きパースの作成方法と同じく溝引き定規を使い筆で線を引く訳ですが、貴重な紙に書いて失敗したら取り返しが付かないなんて想像してしまいます。

技術の塊である建築業が世界最古であるのは素晴らしい事だと思います。残念ながら現在日本の建築業界が衰退しはじめています。今こそイノベーションを起こして伝統ある日本建築を復活しなければならないと願っています。

【参考サイト】
日経BPコンサルティング
https://consult.nikkeibp.co.jp/shunenjigyo-labo/survey_data/I1-03/

銀座歌舞伎座100年企業1
銀座歌舞伎座100年企業1
銀座歌舞伎座100年企業2
銀座歌舞伎座100年企業2

伊豆の総本山、外観パース

伊豆にある宗教法人の総本山。手描きでパースを描いていたバブル期の作品です。
コンクリート打ち放しの建物で天井まで50メートル位ある吹き抜けは畳四千畳敷で屋根は12000トンの総チタン貼り。もの凄い迫力です。しかも宗教の方がこんな感じでとスケッチした絵を基に図面を起こして建てた巨大建築と聞いて驚いた事を覚えています。どれだけデカいかパースに描かれている添景の人物や車を見ると分かると思います。
よく伊豆の設計事務所まで新幹線で打合せに出かけましたが、記憶が定かではありませんが確か三島駅のホームからこの建物が見えた様な気がします。
何もない山道をひたすら車を走らせていると突然この金色に輝く巨大な本堂が見えたきた事を覚えています。
建物の重量がとてつもなく重いので少しずつ地盤沈下していると聞きましたが、そこは施工した大手ゼネコンの事なので想定済みでした。これだけ広大な敷地の樹木を伐採しているので、あちらこちらに水害対策用の調整池がしっかりと設置されていました。あれから何十年も経っているので敷地内も森の様に成っていそうです!
凄い時代でした。百年後に世界遺産になっていてもおかしくない位の建物です。

B1キャンソンボードに透視図法を駆使して筆と絵具で描きました。今ならCGで簡単に作成できるでしょうけど手描きは手描きの味わいがあります。

伊豆の総本山外観パース
伊豆の総本山外観パース

二条城に完成予想図はあったのか?

中学の修学旅行以来二度目の京都旅行で行った二条城です。子供の頃は何も知らずに見学していました。大人に成り日本史に興味を持って神社仏閣や城郭の歴史や深みを知ってから拝観すると凄さが分かります。

大政奉還の間に武士の人形がずらっと並んでいる大広間がありますが、実際に大政奉還した部屋は別の大広間だとテレビで見てから拝観したので知らずに見るのとは一味違う見方になりました。
他にも疑問が解決した事があります。昔から不思議に思っていた二条城の破風にある菊の御紋。徳川の城なのに何故天皇家の家紋が付いている?それは徳川の痕跡を消すために薩長軍(明治新政府)が家紋を徳川の葵の紋から菊の御紋に交換したからでした。

建築パースの仕事をしているので、ただ綺麗だとか迫力あるなとかとは別にアングルだったり建物と植栽のバランスとか室内に入る光の感じなど観光とは別の見方をしている様な気がします。また何処を見ても絵に成るので観光と言うよ撮影大会になってしまいます。デジカメは幾らでも撮れますし!

二条城天守は大和郡山城天守を移築して完成しました。1603年に築城された二条城天守はなぜ新築ではなく移築なのかというと、徳川軍が関ケ原で勝利してわずか3年、依然として豊臣の影響が強い都に徳川家康の力を誇示するために一刻も早い築城が必要だった訳です。と歴史学者が言っていました。
二条城は戦う要塞では無く天下人で有る事をアピールする施設だったのでしょう。
この初代天守閣も寛政時代に三代将軍徳川家光によって淀城に移築されたそうです。時代を経て淀城も明治維新の舞台になりました。

二条城001
二条城001
二条城002
二条城002
二条城003
二条城003
二条城004
二条城004
二条城005
二条城005
二条城007
二条城007
二条城006
二条城006
二条城008
二条城008

お寺の鳥瞰パース

この鳥瞰パースは手描きですが下図を透視図法からCADに変更したばかりの絵です。三次元CADで作成したデータをA1プロッターで打ち出してコピー機で絵を描く大きさの縮尺にした後キャンソンボードという紙の板にトレースダウンして仕上げていました。要するにこの頃はまだ透視図法を手描きでは無くPCで作っていただけです。それ以外は手描きの作業とまったく同じ事をしていました。
この頃はフルCGでパースの作成は出ませんでした。記憶が曖昧ですが、この頃のCGソフトはハリウッド映画で使われる何百万円もするソフトしかまだ無かった気がします。
CADソフトなら30~40万円位でなんとかモデリング程度は作成できましたが、何しろPCが遅過ぎて大変な目にも遭いました。苦労して作成した下図のデータが重すぎて2時間半もレンダリングした挙句エラーでやり直しなんて事もありました。最近PCでパースをやり始めた人はCPUのクロック周波数とかメモリー容量など気にする事は無いでしょうけど、昔は重大問題でした。その為モデリングは極力ポリゴン数が多くならない様に気を使いながら作っていた訳です。見せない裏側のポリゴンを削除したりもしていました。
手描きパースからCGパースに変わる過渡期はとんでもない時代でした。

この絵は大手ゼネコンさんの依頼で描いた鳥瞰パースです。大手ゼネコンは高層ビルや地下鉄建設などの大規模なプロジェクトがメインだと勝手に思い込んでいたので寺社を建設するイメージが無く少し意外な気がしていました。

お寺の鳥瞰パース
お寺の鳥瞰パース

宣伝用と説明用の外観パース

街路樹で建物が隠れる事があります。パースは完成予想図なのだから樹木も入れた方が良いと思います。
時々見かけるのは樹木を輪郭または半透明で処理する方法です。よく工業製品などの説明用イラストで見掛ける事があります。これは奥の方を見せる為に手前を半透明にしているの説明書であって完成予想図ではありません。
建築関係の人なら珍しく感じないでしょうけど、パースを見る一般人には間違いなく違和感を感じる事でしょう!?
施主の方は建物の隅々までいろんな人に見てもらいたい思うでしょう!?しかし一般の人は隅々まで見たいと言う人は居ないと思います。それより全体の雰囲気を見たいと思う人の方が多いのではないでしょうか?
設計に関わった人々などは建物全体を観たいと思うのが当然です。その場合は説明用として樹木を入れていないパースと鑑賞用の樹木を入れたパース2点をセットで見せるのが良いと思います。CGパースでは完成した後に二次元の添景画像を入れるので、樹木を入れていない完成途中のパースと樹木を入れた完成品を用意すれば良いだけです。大した手間は掛かりません。製作途中の画像を一点多く納品するだけなのでパース一点分の料金しか発生しません。
それか輪郭処理するぐらいなら、思い切って葉の落ちた冬のパースにするのも有りかもしれません。

以前真冬の姫路城を見学した事がありますが、樹木は葉を落としていたので大天守、小天守、櫓、門の隅々まで鑑賞できました。恐らく夏の姫路城では樹木に覆われて隠れる部分がかなり有ると思います。

夏の外観パース
夏の外観パース
冬の外観パース
冬の外観パース
樹木無いしの外観パース
樹木無いしの外観パース

ブルネイ王国人工スキー場の外観パース

この外観パースは筆と絵具で描いた人工スキー場です。

驚く事にこの建物は赤道直下の国ブルネイ王国に建設する計画でした。南国にスキー場を建設して誰が滑るのかは分かりませんが面白い計画でした。ブルネイ王国はフィリピンの南にあるボルネオ島の北側にある小さな国ですが、天然ガスなどの資源を多く埋蔵している資源大国です。しかも国王のポケットマネーで建てるという話でしたが完成したかは不明です。
透視図法で作成した下図に筆で描いた外観パースですが細かいところまでよく作ったものだと我が身ながら思います。
だいぶ前のパースなので当時の苦労は覚えていませんけどゲレンデ?部分の床下に広がるトラスは見るからに大変です。まるで他人事ですが。
SP(立ち位置)VP(焦点)HL(目の高さ)PP(絵の大きさ)などは今なら全く気にせずCGでちゃっちゃと作ってしまうので手描きの頃は大変でした。
ふと気が付きましたが手描きで描いていた20年以上前とラファエロやダ・ヴィンチが描いた500年前と同じ様な事をしていた!?だとすると手描きパースからCGパースに変わったのは、まるで産業革命か明治維新の変革の様です。少し大袈裟ですけど。
バブルの頃は凄く楽しい建築計画が沢山ありました。透視図法での下図作成は大変でしたが奇抜な物件を見る度ワクワクしたものでした。

ブルネイ王国人工スキー場 外観パース
ブルネイ王国人工スキー場 外観パース

雪国の外観パース

手描きパース全盛期は楽し気な絵が沢山ありました。この外観パースは夏の住宅街
とクリスマス時期の雪景色を描いたパースです。東京なら夏景色も冬景色も大した変わりは無いので夏景色一点で十分でしょう。せいぜい桜の季節か紅葉ぐらいでしょう。
しかし東北地方や北海道などの北国だと雪景色の時期が長く夏景色と冬景色はまったく違います。それなら夏冬の景色を描いた方がユーザーに対してアピールする絶好のチャンスだと思います。
手描きでパースを描いていたバブルの頃はスキー場近くのリゾートホテルやゲレンデ内に建設するレストランなどの依頼が時々ありました。最近だとリアルCGが増えた為かウインタースポーツが下火になったからなのか、雪景色などの味があるパースを見なくなった気がします。
少し話はずれますが、この前ラジオを聴いていたところ何年か前から大手スポーツショップチェーン店にスキー関連とスノーボード関連の物は扱っていない店が増えていると言っていたのを聞いて驚きました。いくらウインタースポーツが下火になっても雪は降って来るので北国仕様のパースはやはり必要だと思います。
手描きは自由度が高いので何でも描けますが、絵の描けない人がCGで雪景色を表現するのはハードルが高そうです。
雪景色を作成する場合CGパースのモデリングデータや画像素材だけでは対応できません。結局は手で描かないと雪景色や特殊な題材の絵は作成できない訳です。
ハリウッドの様な最先端のプロ集団なら別でしょうけど!

雪国の外観パース1
雪国の外観パース1
雪国の外観パース2
雪国の外観パース2
雪国の外観パース3
雪国の外観パース3