京都古寺のイラスト画像

建築パースに配置する人物や樹木の添景画像を手描き風で作成していますが、建物全体を手描きで書く事はありません。そこで全て手描きCGで作成したらどんな雰囲気に成るのか試しに描いてみました。普段作成している 添景画像 の描き方とは違いますが、この方がよりイラスト感が強く出ている気がします。趣味で描いたイラスト画像ですけど、この絵も添景画像研究の役に立ちました。
添景画像は人物や樹木を一点一点画像を前もって作り置きしておきます。現在人物と樹木の添景画像のストックはそれぞれ800点位まで増えました。
全ての添景を同じ描き方で作成しておくとパース全体が安定感があり違和感なく観る事が出来ます。これが写真やバラバラのタッチで描いた絵だと違和感が出てしまいます。

このイラストは京都旅行に行った時に撮影した古寺を絵にしてみました。京都旅行だと沢山の神社仏閣を見に行くので、この寺が何ていう寺かは残念ながら分かりません。デジカメを撮影する度に音声でタイトルを吹き込めると便利なのですが!

確かこのイラストは1週間くらい掛かってペンタブレットで書いた絵です。着色も大変でしたが、その前の下書はトンデモなく苦労しました。
普通は筆と絵具の手描きの方が苦労するのですが、この絵はたぶん筆で描いた方が遥かに楽に描けたと思います。アナログよりデジタルの方が早く出来るとは限りません。

京都古寺のイラスト
京都の寺をイラスト画像にしました。

京都の寺をイラスト画像にしました。下書き
京都の寺をイラスト画像にしました 。下書き