映画は実写よりアニメの方がヒットする!?テレビでもアナログ的なCMが大流行している!

日本では実写の映画よりもアニメ映画の方が興行成績が高い様です。スタジオジブリの一連の作品をはじめ「君の名は」「進撃の巨人」「鬼滅の刃」など近年の映画は手描きの映画が大ヒットしています。

現在アニメだけでなくCGを扱う業界では手描き風のCGが主流になっている様です。またテレビのCM放送でもアニメや手描き風のCMをよく見かける様になりました。
大成建設、マルコメ、丸井、au、三菱地所、森永乳業、サントリー、家庭教師のトライ、ハーゲンダッツ、スズキ、BMWなどなどの有名企業が手描き風のCMを放映しています。

では何故、手描き風CGやアニメ人気が高いのにCG建築パースが写真的な画像ばかりなのでしょう?
何故かというと、殆どのCGパースは購入した写真の添景画像素材を貼っているからです。

当店はオリジナリティーあるパースを作るため、十数年前から人物や樹木や空の添景素材を作り続けています。樹木700点以上、人物1600点以上を作成してきました。自動車も自作です。

人に喜んでもらうには、手間を惜しんではダメですね。

デジタル絵画サンタモニカ
3DCGと2DCGを駆使して作成した手描き風の街並み