姫路城大天守!

姫路城天守閣は2本の心柱で総重量6千トン以上を支えているそうです。1609年に築城された姫路城は1873年に廃城令が発令されましたが明治政府の特例措置で廃城を免れました。
この頃に撮影された外観写真を見ると大天守は大きく傾き白壁もボロボロに崩れ瓦屋根には草が生えていました。白鷺城とは程遠い痛々しい感じでした。
藩が財政難だったのでしょう姫路城は大規模修繕が行われなかった様です。しかし築城から260年以上経っても総重量6千トン以上の巨大建築は原型を留めていました。
現在の建築基準法だと許可されないと聞きましたが、築城400年以上の実績がある城は何故問題なく建ち続けていられたのでしょう?
現在の建築基準法は本当に正しいのでしょうか?法律の事はよく解りませんが何か違和感があります。

姫路城は幸運な城です。明治政府の廃城令は逃れましたが本丸の建物は取り壊され軍用地になりました。それでも多くの貴重な建物が残される事になりました。また第二次大戦の姫路空襲では街が焦土になりましたが姫路城は奇跡的に焼けませんでした。貴重な城郭なので米軍が意図的に目標から外したのではないかと言われていたそうですが、空襲を行った米軍の爆撃手にインタビューしたところ夜間に地上何千メートルの位置では城は確認できないと答えています。やはり奇跡の城の様です。

姫路城は西国に対する重要な軍事拠点でしたので巨大な城郭が築城される事になりました。あまりにも立派な城だったせいなのか、持て余した為か城主が次々と入れ替わり1600年の池田輝政から始まり1868年の酒井忠邦まで9家31人が城主を務めました。

姫路城1大天守 外観パース
姫路城1大天守 外観パース
姫路城1大天守模型 外観パース
姫路城1大天守模型 外観パース

耐震基礎工事 建築パース!

古来よりある神社仏閣は礎石の上に建物を置くだけで地震のエネルギーをにがしていました。奈良や京都でも大地震は歴史上何度も起こった事でしょう。法隆寺や東大寺など飛鳥時代や奈良時代から建ち続けている寺社が礎石だけで安全である事は実証済みだと思うのですが。高い建物はともかく木造住宅の様な低層建築物を基礎とガッチリ固定しても大丈夫なのでしょうか?より揺れが建物に伝わり倒壊しそうな気がしますが。
大地震が起きる度に言われるのが地盤が緩いとプリンを揺らして上部の揺れが大きいと言う人がいます。言うまでもありませんが地面はプリンではありません。地盤と地表面の間に緩衝材があれば揺れは地表面に伝わらない気がします。逆に強固な地面は地盤と地表面が一体なので揺れがモロ地表面に伝わると思います。

建築物も地面と同じく緩衝材が必要でしょう。最近のビルは免振構造が多いので木造住宅でも基礎と建物は固定しない方が安全そうです。

阪神淡路大震災では液状化した地域の建物倒壊は確認されなかったと聞きました。これは正に液状化が緩衝材になっていた証拠だと思います。

耐震基礎工事 建築パース
耐震基礎工事 建築パース

ドールハウス 鳥瞰パース!

ドールハウスの様な鳥瞰パース。ショッピングセンターだったか地下街にオープンした店舗なので周りもかなり暗くしてあります。このパースはアイレベルパースのアングルを鳥瞰パースに変換したパースです。
照明が全てダウンライトなのでアイレベルパースでは気にならない事が鳥瞰では目立ってきます。壁の上の方はダウンライトでは光が直接当たらないのでかなり暗くなります。コンビニエンスストアの様な輝度の高い室内であっても壁と天井の入隅付近は暗くなるのかもしれません!?この様な飲食店は照度が低い場合が多いので全体的にはこんな感じになりそうです。
ここまで作っているのでカメラワークを鳥瞰からアイレベルに移動させるウォークスルーのアニメーションも作成可能です。
賑わいの為に人物の添景画像を入れる事が多い訳ですけどこんなアングルの鳥瞰パースの人物画像はありませんので少し寂しい感じもしますが、添景は配置していません。アイレベルパースでは人物画像を配置する事もあります。因みに飲食店の室内アイレベルパースでは椅子に座った人の目線の高さに視点を設定する事が多いです。大体目の高さは1.2メートル位です。これは決りではありませんけど、手描きパースの頃からの方法なのでCGパースになっても継承されています。

こんなパースだと設計図を見ても理解できない素人の施主の方にも解り易いと思います。

ドールハウス 鳥瞰パース
ドールハウス 鳥瞰パース

江戸城天守閣再建!外観パース

三度築かれた江戸城天守閣の再建を目指している認定NPO法人の「江戸城天守を再建する会」は建築費約350億円で再建と試算しています。
もし完成すると観光の目玉になりそうです。最後に建設された大天守は床面積日本最大の名古屋城の1.5倍の巨大建築だったそうです。三度目に建設された大天守は1657年の明暦の大火で消失してから再建されていません。江戸城の多くの建物は再建されましたが、この頃に将軍の側近だった保科正之が江戸の再建のためには大天守よりも両国橋建設を主張した事で大天守の再建は中止になりました。両国橋は武蔵野国である江戸と下総の国に架けた事で付いた橋名です。これを機に江戸が拡大されました。
江戸城内の建物再建に必要な木材を調達するため、室町時代に築城されて将軍の御鷹狩りに使用されていた葛飾区の葛西城を解体して転用されました。古賀公方が移り住んだ青砥御殿と言われていた葛西城もこれをもって廃城になりました。

近年木造再建城が増えてます。日本最古の木造再建城の郡上八幡城や掛川城、今治城、熊本城本丸、名古屋城本丸などなどが再建されています。名古屋城は天守閣も木造再建する計画があります。国立競技場も木造建築なのだから天守閣は木造が当然だと思います。

また宮内庁では江戸城天守復元模型を一般公開しています。

【参考サイト】宮内庁
江戸城天守復元模型の公開 見学
https://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/edojou.html

【参考サイト】日経クロス
https://xtech.nikkei.com/kn/article/building/news/20131023/637150/

江戸城天守閣2 外観パース
江戸城天守閣2 外観パース
江戸城天守閣1 外観パース
江戸城天守閣1 外観パース
江戸城天守閣3 外観パース
江戸城天守閣3 外観パース
江戸城天守閣4 外観パース
江戸城天守閣4 外観パース
江戸城天守閣4 外観パース
江戸城天守閣4 外観パース
江戸城天守閣5外観パース
江戸城天守閣5外観パース
江戸城天守閣6外観パース
江戸城天守閣6外観パース

武蔵野台地は東京低地より地震に弱い?

東日本大震災から暫くして放映されたNHKの番組で、仙台の丘陵地帯にある住宅街が大被害にあった事を検証していました。
丘の下で起きる液状化現象で斜面が滑り落ちるという事でしたが何故かマスコミは一切報道していませんでした。
丘で起きる液状化現象は初めて確認されたので、データがまだ無かったからなのかもしれませ。
建築パースの打ち合わせでよく聞いたのが東京下町に建設する建物を設計する場合、役所との協議がけっこう難航すると設計事務所の方がボヤいていました。下町は昔から軟弱地盤と言われているので、基礎工事に関して厳しい要求をされていた様です!?
東京は下町に限らず全域が超軟弱地盤だそうです。東京で硬い地盤と言っているのは本物の地盤では無く比較的硬い層の事を地盤と言っている様です。本当の地盤は地下3500mまで掘らないと届かないと地質学者が言っていました。
下町の様な平地であれば地盤改良の方法は確立されている様ですが、丘陵地帯の地盤改良工事はかなり難しそうです。東日本大震災の際、地盤改良工事を行っていた東京ディズニーランドは一切液状化現象は起きませんでした。海を埋め立てた広大な敷地に人工地盤を造ったのは流石だと思います。
今回初めて丘陵地帯の液状化のデータが出てきたので今後の研究が進む事を期待されるところです。

阪神淡路大震災直後の新聞では軟弱地盤の方が揺れに強く海沿いの液状化した地域の建物倒壊は確認されなかったいという報道がありました。何故かこれもまたマスコミは何も報道しなくなりました。

【参考サイト】LIFULL

https://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_01210/?
fbclid=IwAR1z71F5LeZJbdcN6-bWVBjGKHmfNqji0lhoF7rYYUAjdX0P2NmP3nEv9l8

写真的なパースと手描き風のパース!

実在する自動車無許可使用が知財権侵害の恐れあると仮定して、パースに自動車を配置しない場合こんな感じに成ります。もう一点は自動車を入れた外観パースです。自動車が無いと活気が今一つ無いと思いませんか?

私はオリジナルデザインの自動車を作成して使用していますが、自動車のデザインもCGモデリング作成もメチャクチャ難しいです。
丸っきり架空の奇抜な未来カーではいつの時代のパースか分からなく成りますので、現実に有りそうに見えて何処にも無いデザインを考えなければなりません。こんな車見た事ない・・・これ外車?と思われる様な車のデザインが良いと考えています。

完成した時はカッコよく出来たと思っても、暫く見ていると何か変?でも何処が不味いのか自分では判らない!何度も修正を繰り返してまともな車が完成する感じです。
オリジナルの自動車をデザインする様になって思う事ですが本職のカーデザイナーは本当に凄いです!今まで興味が無かった軽自動車やミニバンも見れば見るほど良く考えられたデザインです。以前は実在する自動車のデザインをあれこれ批評していましたが、いざ自分で考えると本当に難しいです。

実在する車を使用できると楽なのですが、無許可使用を発見次第、法的手段を取ると直接聞くと、もう使えません。まさに衝撃的な事を耳にしました。直接聞かないとピンとこないかもかもしれませんね。
自動車保険のCMで架空の車を使っていた事がありますが、やはり実在する車を使用する訳にはいかなかったのかと思います。

写真的なパースと手描き風のパース1
写真的なパースと手描き風のパース1
写真的なパースと手描き風のパース2
写真的なパースと手描き風のパース2